親戚の結婚式への常識的なご祝儀とマナー

>
この記事をシェアする

身内の結婚式のご祝儀の相場と基礎知識

身内の結婚式のご祝儀はこれくらいがベスト

今後、親戚の結婚式に参列する予定がある人は、身内のご祝儀を用意するのにいくらが妥当な金額かその判断基準を知るのが大事です。
親戚でも新郎新婦との関係や結婚式場のグレードによりいくらのご祝儀がベストか変わります。

一般的には三万円程度から予定をしておくと、極端に他の親戚と金額が事ならないので安心です。
ご祝儀の相場は料理代や引き出物プラス1万円程度が基準になるので、この金額から考えるのがスマートな方法になります。
必要に応じて周囲と相談をして、いくらくらいが妥当か相談するのは大事です。
極端に高くても相手が気を遣うので、周りと浮かない程度の金が身内の結婚式に参加する時のご祝儀の金額を決めるうえでベストになります。

自分より年上か年下かで決める

親戚の結婚式に参加する際に、新郎新婦が自分より目上かそうでないかでご祝儀を決めるのは妥当な方法になります。
相手が目上だと平均的な相場の金額がベストであり、逆に目下の方が新郎新婦だと少し多めの金額にするのが大事です。

具体的な例としていとこなどだと3万円程度を考えておきます。
甥や姪だと夫婦で参加する場合は5万円程度からがベストな金額です。
相手との付き合いの程度だけでなく、血縁関係でご祝儀を考えるのがマナーになります。

いとこと甥や姪で金額を変えるのは、立場が違うからです。
同じ親戚でも遠縁にあたる場合は、友人などの参列者と同等のご祝儀を包むと安心できます。
近い親戚ほど気持ちだけ多めに用意をすると慌てずにすむこつです。


Copyright © 親戚の結婚式に参加、身内へのご祝儀はいくらがベスト?. All Rights Reserved.

TOPへ戻る