親戚の結婚式への常識的なご祝儀とマナー

>
この記事をシェアする

相手との関係

迷ったら親に相談

自分だけでなく自分の親が親戚の結婚式に参加する場合は、ご祝儀はいくらがベストか相談をするのがポイントです。
親を基準に身内のご祝儀を用意をするのが無難であり、違和感がない方法になります。

身内の結婚式に参加した経験がある、他の身内にどのくらいの金額が妥当か相談すると安心です。
自分の方が多くならないように打ち合わせをするようにします。
身内へのご祝儀は冠婚葬祭のマナーが記載されているサイトで確認する事が可能です。
親に相談できない場合は、このようなマナーのサイトで情報を収集するようにします。

基準となるご祝儀の相場を知ると、初めて親戚の結婚式に参加しやすいです。
慌てないように早めにこれらの情報を収集しておきます。

相手に負担をかけない金額

相手に負担をかけない程度の金額が、親戚の結婚式に参加する方の身内へのベストなご祝儀に該当します。
親戚が多いと自分だけ金額が異なると、後でトラブルの原因になる可能性があるので注意が必要です。

自分の家族が参加する場合は、いくらくらいにするか予め打ち合わせするようにします。
例えば兄弟や姉妹がいる方は同じ金額にそろえるのがポイントです。
相手にお返しなどで負担をかけない程度の金額にするようにします。
あまりにも身内への結婚式のご祝儀が多いと、先方がかえって恐縮をするので良くない場合があるのです。
一般的な常識程度に他の親族と打ち合わせをするのが良い決め方になります。
あまりにも少ないのは失礼なので注意をするのがこつです。


Copyright © 親戚の結婚式に参加、身内へのご祝儀はいくらがベスト?. All Rights Reserved.

TOPへ戻る