親戚の結婚式への常識的なご祝儀とマナー

>
この記事をシェアする

家族や親戚と相談

何人で参加するかによる

自分だけで親戚の結婚式に参加するか、夫婦もしくは子供を含めた家族で出席するかでベストなご祝儀が変わります。
夫婦で出席する場合は5万円程度からが、一般的な身内の結婚式に参加する際の相場です。

夫婦だけでなく子供が一緒に招待されている場合は、それを加味して金額を考慮します。
子供一人に対して大人の三分の一程度をプラスするようにするのが良いです。
乳児以外は子供でも料理を用意する場合その費用がかかるので、その分のご祝儀を多めにするのがマナーになります。

大人と同等の金額を用意する必要はありませんが、式場の料理の値段を確認して判断するのが大事です。
結婚式場のサイトを見ると、ある程度いくらくらいの費用がかかるかわかります。

情報収集と常識の範囲

親戚の結婚式に参加予定がある方は、情報収集と常識の範囲で身内のご祝儀を決めるのが良いです。
いくらくらいがベストか、他の身内にかるく何かのついでに話題にして聞くと参考になります。

冠婚葬祭のマナーの説明があるサイトだと、新郎新婦とのそれぞれの関係性とご祝儀の相場が記載されている事が多いので便利です。
同じ結婚式に参加する予定の、自分の周囲の方に相談をするのは良い方法になります。

他の参加者とご祝儀の件でトラブルになるのを避けるために、参加が決まったら事前に他の方といくらのご祝儀がベストか打ち合わせをするのがポイントです。
基本的な相場である3万円程度を目安に事前にお金を用意をしておくのがマナーになります。


Copyright © 親戚の結婚式に参加、身内へのご祝儀はいくらがベスト?. All Rights Reserved.

TOPへ戻る